高度成長期の日本の企業では年功序列、終身雇用制といった制度によって企業業績を伸ばして日本経済の復活の源になっていたのです。そこで働く人は頑張っていれば年齢とともに役職が上がり給与もあがり、定年まで働くことが補償されていたのです。そのため仕事上で嫌なことがあっても仕事が合わないとは考えず仕事辞めたいとも考えずに働き続けていることが当然のことだったのです。
しかし働き方について欧米文化が入ってきて、実力主義が日本企業にも浸透して、自分の実力を伸ばすためだったり待遇をよりよくするために転職することが当たり前の環境に変わってきたのです。そのような環境下で働く現代の人は、選考序列制や終身雇用制がないために、仕事が自分に合わないと思うと仕事辞めたいと考える人が多くなってきました。
実力主義が一般的になり働く人も競争意識を持つようになり、精神的にストレスを持つようになり、それに耐えきれなくなった人がうつ病を始めとする精神疾患となり心療内科に通院するようになります。このような状況を鑑みると、現在の仕事が自分に合わないと感して仕事辞めたいと思った時に辞めるのが精神的には良いと言えます。当然家族がいたりする人の場合には次の就職先を決めてから辞める等の配慮が必要になります。
入社前に仕事の全てがわかるわけではなく自分が考えていたものと違うことは当然ありますが、自分が考えていら仕事と違う、合わないと感じて仕事辞めたいと感じた時に辞めることが自分のためにもなります。自分が合う仕事を見つけるために転職することは今ではごく普通のことになっています。
仕事辞めたい人の味方丨就職に強い転職求人サイトランキングはこちら